<< ついにE6 | main | レッドアロー・クラッシック >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
零式艦上戦闘機五二型

急にすごし易い気温に。
それでも30℃は越えてますが、晩夏みたいな感じ。

先日、所沢航空発祥記念館に、行ってきました。

目当ては、アメリカから里帰り?している、零戦52型です。

たしか、3月末までの予定だったようですが、8月末まで公開延長されているとのことで
した。諦めていたのですが、ならば、無理してでも見たくなり。



ようやく。本物。
オリジナル・エンジンを搭載した現存する唯一の飛行可能な機体。

歴史、政治観をここで展開するのは本意でありませんので、その手のHPを。



圧倒的な存在感。

できれば、エンジン始動を見たかったのですが、なかなか人気のイベントのようで、大変そう。

見れただけでいいかな。



飛行機で一番好きで、カッコいいと思います。
この「カッコいい」というのは、実際にこの飛行機に携わった人にとっては、軽率かもしれません。

でも、率直に見た感想です。

ただ、この飛行機の実際に立ち会ったことの無い、現代の人が過剰に反応するのには、閉口しちゃ
います。

実際、この飛行機を見て心には、いろいろ考えるところがありました。

綺麗な機体でした。飛んでるところを見てみたいですね。

カテゴリ:写真 | 01:08 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 01:08 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kit510.jugem.jp/trackback/1220
トラックバック